カラーセンサーの動作確認


  1. 検査対象となる「カラーセンサー」を、4芯ケーブルを用いてコア(本体)の K1 ポートに接続します。
  2. コアボタン「左」「右」を同時に押したまま電源を入れ、トラブルシュートモードを起動します。 コア(本体)の MULTI LED が様々な色に光れば、トラブルシュートモードに遷移していることを表しています。
  3. カラーセンサーの片側から光がでていることを確認してください。 カラーセンサーの R / G / B いずれかの取得値が 35 より大きくなると「STATUS LEDがオレンジに点灯」する、低くなるとコア(本体)にある「STATUS LEDが消灯」、動作を行っていれば正常です。 35 より低くするためには、白または黒の紙の対象物を 0.5cm あたりの位置においてください。
  4. 動画で確認
  5. 上記を行っても正常に動作しない場合は、お手数ですがこちらの手順を参考にお問い合わせ窓口までお問い合わせください。                                ※カラーセンサーは法人のお客さま向けに追加購入可能な電子パーツとして提供しているものです。スターターキット・アドバンスキット・ベーシックキット・拡張パーツセットには含まれません。
この記事は役に立ちましたか?