トラブルシュートモードでの電子パーツの動作確認


KOOVアプリなしでも、コア(本体)など電子パーツが正常に動作するかを調べることができるトラブルシュートモードという問題切り分けの方法があります。

トラブルシュートモードの起動方法は下記のとおりです。

  1. コア(本体)のコアボタン「左」「右」を同時に押したまま電源を入れ、トラブルシュートモードを起動します。
  2. コア(本体)の MULTI LED が様々な色に光れば、トラブルシュートモードに遷移していることを表しています。

電子パーツの動作確認を行う場合は、各ページをご参照ください。

 トラブルシュートモードですべての電子パーツを同時に接続した場合の正常な動作は、こちらの動画をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

お客様サポート

まだ何かお困りですか?一般のお客様はこちらへご相談ください。

一般向けお問い合わせ

教育機関でご利用・ご検討されているお客様はこちらへご相談ください。

教育機関向けお問い合わせ
※お客様サポートに関しては(株)ソニー・グローバルエデュケーションがソニーマーケティング(株)に業務を委託しています