ブレークポイント


プログラムの自動実行時においても、この場所に来ると必ず実行をとめて、変数の値を確認することなどのデバッグ用途に用います。KOOVプログラミング言語ではテストモードの実行時にのみ有効になります。

この記事は役に立ちましたか?

お客様サポート

まだ何かお困りですか?こちらへご相談ください

お問い合わせ窓口
※お客様サポートに関しては(株)ソニー・グローバルエデュケーションがソニーマーケティング(株)に業務を委託しています